忍者ブログ
お師さんによる格闘技と格闘技ゲームをテーマにしたブログです
2017-121 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 11 next 01
225  224  223  222  221  220  219  218  217  216  215 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先延ばしになっていた動画の詳しい解説を書こうと思います。

まずは「グランドからの蹴り」。今回はグランドから足元やスネを狙ったタイプAと腹部や相手の状態によっては頭部にも届く中段を狙ったタイプB、そして未修正でですが横から蹴るいわゆるアリキックのようなタイプCを載せてみました。同じ状況の技は原型が作れれば他の技も作りやすいので一種類ではなく複数作ることでモーションのレベルアップを目指しました。モーションについて解説すると各部位の動きの流れやタイミング、スピードや力のため、当たった時の硬直などに工夫してみました。(あと不具合の誤魔化しも・・・)ちなみにこれらのタイプ以外にも「かかと落とし」のようなタイプDも作る予定でしたが今回は見送りました。

以下、修正メモ一部抜粋
グランドからのスネへの蹴り
最初の上半身の体勢を起こす
溜めて蹴っているように見えるので、修正する
左足が同じ位置にあるので動きに合わせてスライドする
蹴った後体が戻る動きをスムーズに
最初から手を開き気味に
肘ではなく手の辺りで支えているようにする
体を起こす
グランドからの腹部への蹴り
蹴った時の硬直
蹴った後すぐに足が地面につくのを修正
グランドからのアリキック 右手動かさず
グランドからの踵落とし 見送り
下段蹴りは当った時の硬直を中段並みにする
最新の高い蹴りはもう少し腰を浮かせる
下段のグランドキックの蹴る位置をもう少し高くする
グランドキックB08の到達距離を若干抑える
肘の崩壊を防ぐため、基準点に合わせて高くなっている肩を低くする

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
無題
お疲れ様です。手付けという気の遠くなる作業を継続されているのは凄いですねー。
 自分なんかブログ運営毎日辞めよう辞めようとばかり考えていますが、まだまだ小さいなと思い知らされます。
 太股狙いのキックはコミュの方に動画貼ったので参考にしてもらえると幸いです。
タックル URL EDIT
at : 2008/07/20(Sun) 22:55:10
苦労とやりがい
モーション作るのは大変ですが、見て喜んでもらえたり段々良いモーションが作れたりするとやりがい感じますね。あとは開発速度を速くしていけるように工夫していきたいと思います。
ブログ運営お疲れ様です。あれだけ凄い訪問者数だといろいろ苦労もあると思いますが、自分も訪問者の一人として楽しみにしてますので無理のないよう頑張ってもらえると嬉しいです。
コミュの動画ありがとうございます。参考になります。修正に修正を重ねて、今ホームページに載ってるモーションをレベルアップさせていこうと思います。
お師さん EDIT
at : 2008/07/22(Tue) 01:52:24
TRACKBACK URL 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
(10/15)
(06/11)
(06/11)
(05/24)
(05/23)
最新記事
(04/26)
(04/25)
(01/01)
(12/31)
(12/20)
プロフィール
HN:
お師さん
性別:
男性
自己紹介:
ごあいさつ
格闘技とゲームが凄く好きで格闘技ゲームも随分やったのですが、なかなか納得のいくものがなく、同じような不満を持っている人がたくさんいることを某掲示板で知りました。
自分はゲーム制作に少なからず携わっている身なので同じ不満を持つ人のため、そして自分も楽しむために開発をスタートしました。
開発は大きな費用と長い期間がかかると思われますが頑張っていきますので応援よろしくお願いします。
完成したソフトは販売する予定です。フリーソフトではありませんので誤解の無いように。
ある程度の段階まで開発が進んだら体験版を出すつもりです。(体験版はもちろん無料です)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
"お師さん" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]