忍者ブログ
お師さんによる格闘技と格闘技ゲームをテーマにしたブログです
2017-121 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 11 next 01
200  199  198  197  196  195  194  193  192  191  190 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パワプロと言えばほとんどの人が想像するのが野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」だと思われますが、実はスーパーファミコンのプロレスゲームに「実況パワープロレスリング96' マックスボルテージ」というもうひとつのパワプロがあるようだ。しかも、スーパーファミコンだというのに実況付きで、実況を担当するのは辻 よしなりアナウンサー。キングオブコロシアムの遥か以前にしかも同じ人が実況していたとは驚きだ。このゲームはK-1や相撲のスポーツゲームに定評のあるコナミの作品でキャラクター育成など各モードの出来栄えも良い。ただ、この作品はスーパーファミコン末期の作品であったために新型ハードのソフトの陰に隠れた名作であったようだ。映像が綺麗なだけではつまらないけど、時代遅れのビジュアルではなかなか盛り上がれないというのもまた真実だ。

Match #1 - Shino Nakao vs. Titan
Match #2 - Shino Nakao vs. Brian Voyager 
実況パワフルプロレスリング
[プロレス]実況パワープロレスリング96' マックスボルテージ[スーファミ]
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
無題
あ~ありましたね。というかほんの短い間だけ持ってましたがスッカリ忘れてました。
3Dっぽい2Dって感じでしたね。
この頃はバーリトゥードはマイナーで、プロレスが今より輝いていた時代。
(U-JAPANでのプロレス惨敗があった年でしたが…)
10年ちょっと、長いようで全然短いですね~
K・S URL EDIT
at : 2008/02/16(Sat) 22:27:52
失われた10年
おお、持っておられましたか!これ画面を見続けてると目が慣れて的て3Dに見えてきて不思議な感覚になりますね。
この頃は3Dでキャラクターを作って撮影した写真を連続でアニメーションのように見せていたのかもしれないですね。

↓これなんかも近い気がします。
http://www.youtube.com/watch?v=PopAM7XnQio

プロレスもずいぶん変わりましたね。格闘技がショーアップされプロレスに格闘技的なものを求めていたファンが減ってしまった分、スケールや熱も減ってしまったのかもしれないですね。WWEやハッスルのようにエンターテイメント路線などもあって一概には言えませんが。

>10年ちょっと、長いようで全然短いですね~
早いですね~。格闘技のゲームを作り始めてからもかなりの時間が経ちます。ホントあっという間に時間が過ぎていく気がしますね。早く開発を進めなくてはと焦るばかりです^^;
お師さん EDIT
at : 2008/02/17(Sun) 01:01:56
TRACKBACK URL 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
(10/15)
(06/11)
(06/11)
(05/24)
(05/23)
最新記事
(04/26)
(04/25)
(01/01)
(12/31)
(12/20)
プロフィール
HN:
お師さん
性別:
男性
自己紹介:
ごあいさつ
格闘技とゲームが凄く好きで格闘技ゲームも随分やったのですが、なかなか納得のいくものがなく、同じような不満を持っている人がたくさんいることを某掲示板で知りました。
自分はゲーム制作に少なからず携わっている身なので同じ不満を持つ人のため、そして自分も楽しむために開発をスタートしました。
開発は大きな費用と長い期間がかかると思われますが頑張っていきますので応援よろしくお願いします。
完成したソフトは販売する予定です。フリーソフトではありませんので誤解の無いように。
ある程度の段階まで開発が進んだら体験版を出すつもりです。(体験版はもちろん無料です)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
"お師さん" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]